プラセンタ注射の効果と副作用の危険性について

プラセンタで目指せぷる肌!
プラセンタ注射は、美容のみならず、医療でもアトピーやリウマチ、更年期障害といった治療が難しいと言われている領域に対して効果が期待されている、素晴らしい特徴を持った成分です。

♪プラセンタ自体の効能については「プラセンタについて」をご覧下さい♪

プラセンタ注射の効果ですが、細胞分裂が促されて活性化されるほか、体内の乳酸に作用し疲労を回復するのにも効果があります。

また、ニンニク注射などと併用して行ったりすることで、より高い効果を上げることもできます。

また注射をすることによって、プラセンタの有効成分がダイレクトに体内に作用しますので、プラセンタ療法の中でも、点滴同様に効果の高い療法です。

ただ、このプラセンタ注射を受けた人は、厚生労働省の取り決めによって献血を受けることができないようになっています

これに関しては、献血時にBSE(牛海綿状脳症)への感染を起こしてしまうことを懸念した措置として、2006年に厚生労働省から発表、実施されたものです。

が、プラセンタ注射をした人からの感染性は低いけれども、完全否定はできないといった見解から行っている措置ですので、必要以上に心配をすることはないでしょう。

とはいえ、副作用の危険性については、ゼロというわけではありません。

中には、注射をすることによって、発疹ができてしまったり、めまいや呼吸が困難になってしまうということも、稀にあるようです。

「ほとんど副作用がないから大丈夫です」という言葉だけに惑わされずに、副作用については医師にしっかりと確認をしておくようにしましょう!
プラセンタの美容サプリ