フォトフェイシャルとその効果

エステ並みのフォトフェイシャルを自宅で実現!
フォトフェイシャルは、特殊な光を肌に当てることで真皮にあるコラーゲン合成を活発にし、メラニンをも破壊します。

それによって、シミやくすみへの効果、また肌にハリが出てきたり美白効果が期待できるため、口コミや体験談などでも「顔があかぬけて見えるようになった」といった声などが上がっています。

最近CMなどで話題になっている「肝班(かんぱん)」に関しての効果は、フォトフェイシャルではあまり望めないようです。

ただし、そばかすについては、効果が認められているようです。

また、ニキビ跡に色素沈着などには、「フォトフェイシャル・アクネス」という治療法がより効果的です。

さらに、フォトフェイシャルによってしわへの効果が期待できるのですが、これは目元などの浅いしわなどに、より高い効果を示します。

逆にほうれい線などで深くなっているしわなどには、あまり効果が期待できないようです。

ですので、そういった深いしわの場合は、フォトフェイシャルにプラスして、ヒアルロン酸注入をしても良いでしょう。

その場合、ヒアルロン酸の使用量は通常時よりも少量で済みます。
そのほかにも毛穴の引き締め、赤ら顔などにも効果が期待できることがあります。

フォトフェイシャルに副作用はあるのでしょうか?

フォトフェイシャルは副作用がほとんどない安全性の高い治療と言われていますが、いくつか注意をすべき点があります。

妊娠をしている人やてんかん発作歴や糖尿病、アルコール中毒のある人などはフォトフェイシャルを受けられませんが、それ以外にも、日焼けしている状態で治療をすることによってやけどになってしまうことがあったり、治療直後に日に焼けてしまうと色素沈着してしまうケースがあるようです。

特に日差しの強い季節などに、フォトフェイシャルを行う場合には、紫外線対策を十分にして、治療を受けるようにしましょう。
光&レーザーで素肌力アップ!目元のケアがフォトフェイシャルで可能に!