多汗症・ワキガ手術の病院について

多汗症を治療する方法としては、いくつかの手法がありますが、やはりより根本的な改善を望む場合や、症状が重い場合は手術に踏み切る人が多いようです。
多汗症、汗が多い、手が汗で濡れる、汗が止まらない、どれかひとつでもピンとくれば!
基本的にどの病院や美容外科等も、手術を行うことによって汗腺を除去したり、ボトックス注射のように汗の命令を出す交感神経の働きを抑えたりするようなものをメインに行っています。

もちろん手術の種類もいくつかありますので、より体の負担が少なくて済む手術を選ぶことが大事でしょう。

そして、何よりも手術はロボットが行うわけではなく、一人一人の希望を聞いた上で、専門の医師によって行われますので、多汗症に関しての知識や経験が豊富で人としても信頼できそうだと思える医師のいる病院を選ぶようにしたいですね。

もちろん、それらを知るためには、実際にその病院や美容外科などに赴いて、カウンセリングを体験してみることなども必要になるかもしれません。

その際に、料金や手術に保険の適用がされるかについての情報も確認することができます。

ですので、複数の病院等を訪ねたり、インターネットで調べたりして料金の比較をしたり、保険が使える手術などをチェックしておけばどこがいいかが見えてきます。

また、手術費用の相場などもわかってきますので、同じ手術でも値段が違っていたりすることに気付くこともあります。

しかし、必ずしも費用の面ばかりに気を取られすぎると、後々、後遺症のようなものが残ってしまうようなズサンな手術をする病院を選び兼ねないかもしれませんので、総合的に判断するようにしましょう。

ちなみに、汗腺除去の手術は両脇で大体20~30万円くらいが相場で、ボトックスに関しては、両脇の相場が10~15万円くらいに設定しているところが多いようです。

インターネットで、多汗症の口コミ情報を検索したりすると、手術を実際に受けた人の失敗を含めた体験談や、これから手術を受けようとしている人からの相談、副作用や後遺症の有無についての情報やアドバイス等が記載されており、具体的な病院や美容外科の名前なども明記されていたりするので、参考になったりします。

というのは、美容外科などのホームページの体験談は、大体成功談を中心に載せているので、デメリットの部分が見えてこないことも多いので、やはり実際の体験者がどう感じたかという意見も、見る価値はあるのではないでしょうか。

特に、手術というのは少なからず体に負担がかかるものです。もちろん負担をより少なくした、カナクリ式超音波吸引法などのような手術もありますが、各病院や美容外科などによって、手術の技術や腕前もけっこう差があったりするようです。
ですので、少々面倒であるかもしれませんが必ずよく調べましょう。

 多汗症手術の副作用、失敗や後遺症の有無など

多汗症の手術の主なものは、胸腔鏡下手術、カナクリ式超音波吸引法、マイクロリムーブ法、それからボトックス注射などがあります。

ボトックス注射に関しては、特にメスを入れるものではなく、ボトックスを注射する治療なので入院の必要もなく、手術の所要時間も短いので手軽さという面では利点がありますが、副作用や後遺症が残ってしまうことも中にはあるようです。

マイクロリムーブ法は汗腺であるアクポリス腺を除去する手術ですが、100%除去できるわけではないようです。

でも90%ほどは除去できて、再発の心配もない手術ではあるので、そこまで大きいリスクがあるわけではないでしょう。

カナクリ式超音波吸引法では後遺症や再発がなく、手術の傷跡もわずか数ミリしか切開しないので、残ることがなく安全性が高いとして人気を集めています。

手術も30~40分くらいで終わり、入院もしなくてよいので、メリットが大きいですね。
体臭の強い人専用!殺菌、消臭、制汗のトリプルパワー!ひと塗りで体臭、制汗、超強力臭消クリ...