わきが手術と病院選び

基本的に、わきがの手術であろうと、何の治療や手術をするのであっても選ぶにあたっての要点というのは、大体共通しているものです。
その主な要点を以下にまとめてみました。
悩みとして深く重いのが、わきが・体臭なのです!!体臭の悩みがなくなれば人生が変わります!!
1.そのクリニックや病院ではどのような治療法があるかと保険適用の有無についての確認

2.手術後の生活や再発についての情報の確認

3.手術を行う医師の過去実績や、信頼度の評価はどの程度のものか

4.看護士やスタッフの対応は、十分親切であるか。また、手術前にきちんとしたインフォームドコンセントが行われるか

5.その病院やクリニックの外観の印象は全体的に良いと思われるか。

大体上記のポイントを押さえた上でわきが手術に臨めば、大きな失敗をしてしまうことは避けられるのではないでしょうか。

また、形成外科でもわきが手術をしているところがありますが、保険対象となるケースが多く、経験豊富な専門家も多かったりするので比較的お勧めと言えます。ですが、必ずきちんとした下調べはした方が良いです。

また、費用に関しては、手術する所によって異なってきますので必ず事前確認しましょう。

手術の種類によっても全く異なりますが、大体10万円~40万円の間内で設定されているところが多いかと思われます。

また、費用の確認と併せて、行おうとしている手術に保険が適用されるかについても確認しておきましょう。
保険が適用されれば、手術の負担はだいぶ軽くなります。

程度の軽いわきがの症状に対する手術などは、保険適用外になるケースが多いですので、注意しましょう。

 手術の傷跡が残ったり、失敗、再発することはあるのか?

わきがは一度手術をして治してからも、再発することがあるのでしょうか?

答えは、その可能性はあり得るということです。

わきがの手術では、アポクリン腺というわきがの原因になるものを完全に取り除いてしまいますが、これが完全に取り除かれなかったりすると、何年かしてからまたわきがの症状が出てきてしまうことがあります。

ですので、再発を防ぐためには、完全に治る手術を選択することと、何よりも腕の良い経験も豊富な医師に任せることです。

そして、術後の傷跡に関してですが、これは個人差はあるものの手術直後には通常残ってしまうようです。
けれども、その各自の体質によって、ひどくなることがあったりすぐに目立たなくなったりと状況は異なります。

ただ、いずれの場合も共通して言えることは、傷跡が化膿してしまわないように、術後の患部は雑菌の侵入を防ぐように清潔にすることです。
また、お風呂の後に患部が濡れたままの状態で放置しないようにして、汗もまめに拭き取るようにしましょう。

また、手術が失敗するというのは、通常あるべきではないことですが、受ける側としてはこの点も不安要因になり得ます。
再発の防止をするのと同じように、信頼できる病院やクリニック等を選ぶことでほとんどの場合は回避できるでしょう。

ただ、不安が大きい場合には、超音波治療法などであれば傷跡も小さくて済むことが多く、治療時間も短めでメリットが多くあります。しかし比較的最新の技術となりますので、高額な治療費になってしまう可能性が高いので、その点もしっかり確認しましょう!
たったひと塗りで徹底的に対策!